身近な人に悩み相談をしにくくなってきた

大人になると、なかなか身近な人にもいろいろと相談しにくくなります。

時間的な制約もあるし、気兼ねします。

メールだったら、相手の都合のいいときに読んでもらえるからいいのでは、とも思うのですが、長いメールを「重い」と思う人も多いみたいで。返事が来たとしても、自分の答えてほしいことに答えてくれているとは限らない。単なる読み落としなのか、スルーなのか。

あと、メールの字面だけだと、ニュアンスが伝わらないことってありますよね。声の調子を聞けばわかることが、メールの文面だけでは、まったく逆のニュアンスで伝わってしまったり。

悩み相談する相手も選ぶし、悩み相談するタイミングや方法も考えてしまいます。

学生時代は悩み相談を受けることも多かったので、逆の立場も考えて、自分が悩み相談をするときには、「あまりに深刻になり過ぎないような言い方をする」「最後には明るい話題で終わる」「聞いてもらったことへの感謝の気持ちを述べる」「相手の言うことを受け入れる」ということは心がけるようにしているのだけど。つまり、その逆のことをされた場合、話を聞くほうがきつかったということです。

人の悩み相談って、正直、聞いててあまり気持ちのいいものじゃないもんね。たまに、ラジオで人生相談コーナーが流れるときがありますが、始まると切ってしまいます。昔テレビでやってた、みのさんの電話相談も、私はあまり好きじゃなかったな。

即日キャッシング、で即金なう。

消費者金融は以前サラ金と言われいた個人向けの小口融資のイメージを、キャッシングと言う言葉に置き換え一新しました。
キャッシングは金融会社がしかっりとした返済能力があると判断した人に発行される、ATMと同じように暗証番号を打つことで、提携している現金引き出し機から限度額まで現金が引き出し出来るものです。
キャッシングには銀行が発行しているもの、クレジットカードなどに付随している物、また消費者金融で申し込みをしたものなどがあります。
一般的に銀行などのキャッシングカードは審査に時間が掛かり、厳しい代わりに金利が安く、審査の甘い消費者金融系のキャッシングは金利が高いとされています。
最近インターネットなどで即日や即日キャッシングokなどの広告が出ている事が多くあります。
ネットなどで申請して数十分で審査が終わり、こちらが指定した金融機関に現金が振り込まれたり、提携先の現金引き出し機にお金を引き出しに行くものです。
この即日キャッシングは、緊急時などに便利ですが、他のキャッシングにくらべ限度額が低い事と、金利が高いので計画性をもって利用する事が必要です。
即金っはありがたいもので、まさに即金なうですね。